読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

報復刑【人に復習できる世界が残酷】漫画ネタバレ感想

漫画『報復刑』のネタバレ、あらすじ、感想、無料お試し情報、結末を書いています。

報復刑(ほうふくけい)4話【罪の重さに苦しむ真治の最後がとても辛い】漫画ネタバレ感想

こんにちは

3児のママのゆうこです。

 

 

ネット広告で面白い漫画を見つけたので

紹介します。

 

 

漫画『報復刑

f:id:yukihira0009:20170216174544p:plain

 

 

報復刑 あらすじ 無料試し読み情報

 

死刑を廃止した日本は

新たに『報復刑』という法律を制定します。

 

 

愛するものを無残にも殺されてしまった遺族が

加害者を自らの手で裁くことができる法律です。

 

 

復習することが法律で許されたのです。

 

 

漫画は1話完結でサクサク読めます。

 

 

被害者目線

加害者目線

警察官目線

 

それぞれ違った目線からの物語なので

1冊読むと全体像がわかり

とても考えさせられる内容になっています。

 

 

無料試し読みはコミなびでできます。

登録不要で簡単に読めるので

とっても便利ですよ。

 

 

まずは無料で読んでみてくださいね。

 

 

>>無料試し読み方法はこちら

 

 

 

報復刑(ほうふくけい)4話【罪の重さに苦しむ真治の最後がとても辛い】漫画ネタバレ感想

 

 

4話の内容は

どちらかというと加害者側目線での話になります。

 

 

真治(しんじ)は野球部を辞め

学校の先生を殴り退学

地元のヤンキーたちをつるむようになり

 

 

そしてカツアゲしていた

一人の人間を殺してしまいます。

 

 

 

その犯した過ちの重さに毎日のように苦しみ

 

 

 

夜な夜な

 

ごめんなさい

 

ごめんなさい

 

 

そう言いながら

震えていました。

 

 

真治の家族は

殺人犯のいる家族として悪評が広まっていて

母は心労で倒れてしまい

 

 

妹は学校を辞め

ウリをして生活しているほど

 

 

地獄に落ちろ!

 

 

 

実の妹からそんな言葉を投げかけられるほど

真治には頼れるものもありません。

 

 

死にたくない…

 

 

 

その思いから

真治は遺族に対して

謝罪の手紙を書くことを始めます。

 

 

 

それから真治は毎日謝罪の手紙を書き

そして3年間それを続けたのです。

 

 

完全な一方通行の謝罪の手紙を

3年間を書き続けることは

並大抵の気持ちでは書けなことなのでしょうが

 

 

3年経ったある日に

ついにその返事が返って来るのです。

 

 

 

その内容は

 

 

私たちはあなたを許すことはできません。

しかし罪と向き合う姿勢に憎しみも少しずつ和らいでいます。

 

自分の犯した罪と対峙しながら

しっかりと生きてください。

 

 

 

その手紙によって救われた真治は

初めてぐっすり眠ることができたのです。

 

 

 

そして清々しい朝を迎えた真治に

待っていたものは

 

 

真治を地獄に落とす

最悪の展開だったのです。

 

 

>>無料試し読み方法はこちら

 

 

 

 

 

houfukukei.hatenadiary.jp

 

 

 

 

houfukukei.hatenadiary.jp

 

 

 

 

houfukukei.hatenadiary.jp