読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

報復刑【人に復習できる世界が残酷】漫画ネタバレ感想

漫画『報復刑』のネタバレ、あらすじ、感想、無料お試し情報、結末を書いています。

報復刑(ほうふくけい)6話【報復は果たして希望か絶望か?】漫画ネタバレ感想

6話ネタバレ

こんにちは

3児のママのゆうこです。

 

ネット広告で見つけた漫画を読んでみたのですが

とっても悲しく考えさせる内容の漫画でした。

 

 

漫画『報復刑

f:id:yukihira0009:20170216174544p:plain

 

 

報復刑 あらすじ 無料試し読み情報

 

 

 

日本では『死刑』が廃止され

代わりにできたのが『報復刑』という法律でした。

 

 

『報復刑』とは

愛する人を無残に殺された遺族が

その復讐をすることができる法律で

 

 

加害者を自らの手で

裁くことのできる法律です。

 

 

グロい場面が多く出て来るので

苦手な人は読まない方がいいかもしれません。

 

 

無料試し読みはコミなびでできます。

登録をしていなくても読めるので

とっても便利ですよ。

 

 

まずは無料で読んでみてくださいね。

 

 

>>無料試し読みはこちらから

 

 

 

報復刑(ほうふくけい)6話【報復は果たして希望か絶望か?】漫画ネタバレ感想

 


6話は執行官側からの話になります。

 


自分の婚約者を通り魔に殺され

その遺族は報復刑をしなかったことで

桜井 瑛二は執行人になる決意をします。

 


見る視点が変わると

話の内容がとても深くつかめるので

とても面白いです。

 


瑛二は報復刑が

遺族の希望になると信じていますが

 


上司の陣内はそれには賛同してくれません。

 


正義感が強く真っ直ぐな瑛二は

自分のやっていることは

正しいことだと思い行動します。

 


ですが目の前で報復刑が行われている場では

狂気に取り憑かれた遺族と

なすすべのない加害者のやり取りで

 


自分の考えに疑問を抱くのです。

 


報復刑を希望に生きてきた遺族は

どうなるのか?

 


その希望がなくなった後は

絶望しか残らないのです。

 


遺族のためにできた報復刑ですが

それが遺族のためになるかは

誰にもわからないのです。

 


そして桜井は瑛二にある言葉を残します。

 

 

>>無料試し読みはこちらから

 

 

 

 

 

houfukukei.hatenadiary.jp

 

 

 

 

houfukukei.hatenadiary.jp

 

 

 

 

houfukukei.hatenadiary.jp